鍵番号だけで合鍵が作れる?迂闊に公開したりしないこと

キー番号という言葉を聞いたことがありますか?

多くの人がそれを聞くことはできません。

実際には、キー番号は常にあなたのキーに設定され、キーパスワードのような役割を持っています。

キー番号とキーのコピーは密接に関連しています。

キー番号の存在を知らない場合は、使用しているキーのカジュアルな使用が実際に危険な使用か慎重でないというケースに発展する可能性があります。

今回はキー番号を取り上げ、重複したキーの重複を防ぐための対策を導入します。

鍵番号とは何ですか?

それはどこに書かれていますか?

キー番号とは何ですか?

キー番号は、キーに印刷されている番号です。

私は理解しやすいぎざぎざのタイプの従来のキーで説明します。

メーカの名前は、金属製の伝統的な鍵部分(キーを回すときに触れた部分)の片面に書かれ、反対側には数字のリストが印刷されています。

この番号のリストはキー番号と呼ばれ、キーパスワードのような役割を果たします。

このキー番号は古くから残っていると言えますが、今でもキー番号を使用する機会はあります。

私はキー番号でキーを作ることについて説明します。

キー番号だけでキーを作成することは可能です

キーナンバーを使用する機会はありますが、これまで私が使ったことはないと多くの人が言っています。

キー番号を使用する機会は、キー付きのキーを作成できるだけ多くの機会を持つためです。

ほとんどの人は、キーを作成するときに鍵のボディを鍵屋にコピーすると考えていますが、鍵の番号をそのメソッドとは別に複製することができます。

ギザギザタイプの伝統的なキーに加えて、ディンプル付きのディンプルキーには、鍵番号だけでキーを複製できるロッカーもあるようです。

それ以上の身元確認をせずにインターネット上で鍵を複製することもできます。

もちろん、いくつかのロッカーは数字だけで複製することはできません。

キーナンバーを乱用したとき何が起こったのですか?

キー数値を利用して発生したインシデントはあまりありません。

逆に、近年、鍵の複製の容易さから鍵となる数を利用する事案が増えています。

知らないうちに重複したキーが複製されたインシデント

キー番号を盗んで重複キーを複製する場合

また、鍵付きの鍵を使って少女の宇宙の部屋に侵入し、逮捕された逮捕されたケースもあった。

この犯人は、女子大生のキー番号を盗み出し、インターネット上の鍵の鍵を注文し、犯罪を犯すことだった。

キー番号の存在を知らない人は、キー番号の危険性を知らないので、注意してください。

また、鍵の複写はインターネット上で行うことができるので、あなたは身元を確認することなく複製することができます。

これを考慮すると、あなたの公開鍵をあまりにも公開しないようにするべきです。

キー数値を乱用しないための対策

重複したキーを重複して複製するなど、誤った使用を防ぐための対策をキー数値で紹介します。

キー番号を他の人に知られていないので、キーを放棄したり、キーを不必要に渡したりしないでください。

そして最近はSNSなどに注意する方が良い

アップロードされた写真を拡大することができるので、SNSへのキーの写真のアップロードは少ないかもしれませんが、キー番号がわかる可能性があります。

キーを示す写真をアップロードしません。

キー番号のないキーの交換もお勧めします。

ギザギザのタイプのものは特に高いセキュリティとは言えません。

キー番号はディンプルキーにも印刷されているため、乱用の可能性があります。

最近では、上記のキーの他に、カードキーなどの個人情報を登録して使用することができる電子キーがある。

キー番号はなく、重複キーの複製には識別カードが必要であるため、誤用の心配はありません。

電子キーの種類があります。

電子キーで登録された桁数のボタンを押すことで、指紋や静脈などの身体の一部を使ってロックできるものがあります。

スマートフォンを使った鍵が新たに生まれました。

これらの電子キーは複製が難しく、キーに応じて登録情報を変更して新しいキーを作成することができます。

ロッカーとは相談しないので、自宅に鍵として設置するのが安全な鍵だと言えます。

誰でもロッカーに連絡すれば、すぐに電子キーに鍵を交換することができます。

鍵交換に関する記事がありますので、参考にしてください。

まとめ

キー数値管理の重要性をご存じでしたか?

キーを複製することが非常に簡単で危険なことを知らない人は、キー番号でコピーすることは犯罪防止のためのキーの使用に注意する必要があります。

特にインターネットでの注文やSNSのアップグレードなど、近年発生する可能性のある問題は多分です。

より安全なキーを使用することで、このようなトラブルを避けるためにキーを交換することができます。

関連記事

ページの先頭へ